富士YEGとは

 

YEGとは

商工会議所青年部(YEG)って何をしているの?

富士YEGの活動

富士商工会議所青年部(富士YEG)のこれまでの活動を紹介します

会員募集

富士商工会議所青年部(富士YEG)では、年間を通じて新規会員を募集しています

 

 


 

 

令和3年度 スローガン

 

「三方よし」の精神で勝ち残っていける企業づくり!

 

 


 

 

令和3年度会長

 

会長紹介


令和3年度(2021年度)会長

杉本 圭 - Sugimoto Kei –

事業所

株式会社 ヤマキ

業務内容

ゴルフ練習場・林業

役職

代表取締役 

 


東京オリンピック・パラリンピック 富士市文化プログラム事業

【富士塚 PR動画を作成】

いただきへのはじまり ~富士の恵みに感謝~

 

◆鈴川富士塚の歴史

 富士塚とは、富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人口の山や塚であり、富士山を登拝する代わりに築かれた築山である。江戸や名古屋など、富士山から離れた地に築かれたものが大半である。

鈴川の富士塚とは

 静岡県に唯一と言われる「富士塚」が富士市鈴川地区にある。この富士塚は、通常の富士塚(富士山に登れない人のためのもの)とは少し違い、富士登山の前に身のけがれを払う場所だと考えられています。海岸で精進潔斎(しょうじんけっさい)を行った登拝者が、その際浜から玉石を持ってきて積み上げ、登山の安全を祈願し、この富士塚を起点として富士山頂を目指したと言われています。

 現在の富士塚は昭和51年に復元されたもので、塚の頂上には浅間神社「浅間宮」の祠がまつられています。崩壊防止のため地元住民らがコンクリートで固めています。人の手が加えられていることが理由に、世界文化遺産には登録されませんでした。

 発掘調査で、江戸時代中期とみられる陶磁器片などが見つかっていることから、江戸時代には富士講の講者たちの禊(みぞぎ)の場だったことが明らかになっています。またその下に本来の富士塚があることが判明しています。

 慶安3年(1650年)の『富士本宮年中祭礼之次第』に「垢離之後富士丘参詣大宮司殿庶子衆御祓役人正鎰取」(「富士丘」が鈴川の富士塚と推測できます)と記され、また、文久元年(1861年)編纂の『駿河志料』などから、富士山本宮浅間大社の大宮司・富士氏の参拝も明らかになっているので、江戸時代に、富士山信仰の聖地だったことがよくわかります。

 


 

【終了しました】

富士山ほろ酔いバルホッピング 

令和2年2月20日、吉原商店街にて開催

詳細は、下記画像をクリックして下さい。

 


 

第2回 富士市長杯
小学生富士かるた大会 開催

 ※お知らせ※

 令和2年3月1日(日)に開催を予定しておりました「第2回 富士市長杯小学生富士かるた大会」は、新型コロナウイルスの影響により中止とさせていただきます。ご理解・ご協力の程、よろしくお願いします。

 

 

 

 


 

富士商工会議所青年部Facebookページへ